« スピリチュアル・コンベンションでのメニュー | トップページ | 久々にテレビを・・・・ »

2007年10月25日 (木)

美しきシチリア18

海沿いから内陸に向って進みます。

モザイクの町と言われる、

ピアッツア・アルメリーナに到着します。

そこから、さらに林間部に入っていくと、

古代ローマ時代の別荘にたどり着きます。

カサーレの古代ローマの別荘と

ガイドブックには載っていました。

駐車場から露天の土産物店を過ぎて進むと

いくつもの温室型のガラス張りの部屋があります。

ここは、3~4世紀に建てられた別荘だそうです。

別荘という面影は現在、

屋根は崩れ果てているのでピンとはきません。

その残った壁部分や石柱を利用して

ガラス屋根がかけられています。

それで、離れた所から一見すると、

温室と間違えてしまう外観になっています。

この日も、現地は遠足時期で、

たくさんの小中学生たちが見学にきていました。

各部屋とも、内部は鉄板を組み合わせた

通路を通りながらの見学です。

細かい細工で、その幾何学模様がおりなす

モザイクの数々は、圧巻です。

保存状態も良好なものも多いです。

たくさんの大学生や研究者の方々が、

ブラシやたわしなどを使って丁寧に土を

取り除く作業をされていました。

本当に遺跡の発掘作業は気の

遠くなる根気のいるものです。

写真を撮ると、ガラスを支える支柱が陰に

なってしまいますが、

色鮮やかなモザイクを写すことができました。

Siciliamalta_213 Siciliamalta_215 Siciliamalta_207 

|

« スピリチュアル・コンベンションでのメニュー | トップページ | 久々にテレビを・・・・ »

海外旅行」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しきシチリア18:

« スピリチュアル・コンベンションでのメニュー | トップページ | 久々にテレビを・・・・ »