« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月18日 (日)

横浜すぴこんに参加しました

「レイキヒーリング風と緑」の名前で、

先月の東京すぴこんに引き続き、今日は、

第9回横浜すぴこんに出展致しました。

会場である横浜港「大さん橋ホール」に早めについた私は

まずは、横浜港の朝の景色に大感動してしまいました。

赤レンガ倉庫の間からは、富士山も望め、絶景です。

すぴこん参加よりは、1日中海を眺めていたい気持ちでいっぱい

になってしまいました。

せっかくなので、海からのエネルギーを存分に味合わせていただきました。

会場に入ると私のブースからは、港が大きなガラス越しに見ることが

できました。これだけでも、今日は充分だな~との感じでした。

私は半ブースしか使わないので、今日も別の出展者の方と机を

半分ずつ使わせていただきました。

とても、良い方で、見識も高く大変有意義なお話しも拝聴できて

有難い限りです。

今回もフュージョンレイキとイマラレイキのセッションをさせていただきました。

初めてレイキを受けられる方ばかりでしたが、皆さん一様に

良いご感想をお聞きすることができて大変良かったです。

また、1つ大切な経験が出来ました。

次回も12月15日(土)と16日(日)の東京すぴこんにも

参加致します。

ご興味のある方は是非また、遊びにきてくださいませ。

http://hw001.gate01.com/hiro-nakano/

http://tokyo.spicon.org/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

横浜すぴこんのメニュー

私の、11月18日(日曜日)開催の

第9回横浜スピリチュアル・コンベンションでのメニューの

ご紹介です。

(1)西洋式レイキ・・・ポピュラーなレイキヒーリングです。

   エネルギーを実感していただくため出来れば、

   30分以上お受けいただければ

   と思います。

(2)フュージョンレイキ・・・2000年に新たに誕生した

     発展系に分類されるレイキです。

   比較的、エネルギーを実感するまでのお時間が、

     短いというご感想を良く伺います。

   こうした催事会場での短時間のヒーリング

     には、向くのかもしれません。

     私も、時間がないときの自己ヒーリング

     に良く使っています。

(3)イマラレイキ・・・発展系レイキの一つです。

   こちらも、エネルギーを比較的短時間で感じて

      いただきやすいかもしれません。

   私も毎日楽しんで使っているワークです。

あと、私はプロフィールには載せていませんが、

日本式霊氣療法士でもあります。

こちらも、ご希望があれば、

ご体験いただければと存じます。

但し、こちらは、是非最低でも30分は

お受けいただければと思います。

ご興味のある方は是非とも私のブースに

お越し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜すぴこんに出展いたします

「すぴこん」へのご案内
私も参加する第9回横浜

スピリチュアル・コンベンション(すぴこん)

のご案内です。

2007年11月18日(日曜日)

午前10時30分から午後6時00分

大さん橋ホール

[電車]

みなとみらい線「日本大通り駅」下車約7分

みなさまどうぞ、よろしくお願い致します。

http://yokohama.spicon.org/
http://hw001.gate01.com/hiro-nakano/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

美しきシチリア21

ネアポリ考古学公園を後にし、少し車を海側に進めて、

橋を渡ると、オルティジア島に着きます。

島という感じよりかは、小さな半島です。

イオニア海にヒョッコリと突き出た形状です。

観光地として人気があるのか、コジャレたレストランや

アイスクリーム屋さん、イタリアらしいファッションのお店も

見かけます。

シラクーサは、パピルスの街とも称されているようで、

土産物屋では、パピルス製品も並べられています。

西側の水族館の隣にあるアレトゥーザの泉には

パピルスが生い茂っています。

他にも、紀元前7世紀とされるアポロ神殿の遺稿や

活気ある庶民の市場などもあり、楽しく散策できます。

ほぼ真ん中あたりに大変立派なドゥオーモが建って

います。外観もとても綺麗です。

中に入ると豪華なバロック様式の祭壇や、

天井画、ステンドグラスなどなど。

重厚かつ神聖な感じが強くするすばらしい場所です。

Siciliamalta_244 Siciliamalta_245 Siciliamalta_246

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

美しきシチリア20

ラグーサからノートという島の東南の街に出て、

そのまま、海沿いの道を北東に進むと、

3000年以上の歴史を持つ、美しい

古代都市、シラクーサに到着します。

この日は、雲ひとつない、絵に描いたような快晴。

気温は5月だというのに35度。

湿度は低くカラカラで、太陽の日差しが

痛いくらいでした。

ガイドによると真夏は気温は45度になるとか。

日中の見学は出来ない??と言ってました。

さて、道沿いで、車を降りて、露店の土産物屋街を

突っ切ると、広大な「ネアポリ考古学公園」に着きます。

入り口の右手からボコボコした道を歩いていくと

岩肌が見えます。

「天国の石切り場」と言われる場所です。

その奥まったところには、

「ディオニュシオスの耳」と名付けられた洞窟が目の前に

現れます。(写真1枚目)

かなり大きな規模で、案内には高さ36メートルとありました。

奥行きも広く、カーブした洞窟を進んでいくと、中には

おびただしい数のツバメが、ピーピー鳴きながら

飛び回っています。

一旦もと来た道をもどり、左手に入ると、シチリアで

最も大きいとされるギリシャ劇場が眼前の広がります。

紀元前3世紀に作られた、この劇場は、1万5千人を

収容できるそうです。(写真2枚目)

夏の夜には、古代劇等が上演されるとのことで、

石の席の上は覆いで、カバーしてあります。

そして、公園の南側には、紀元3~4世紀に岩場を

掘って作られたとされる

「古代ローマの円形闘技場」があります。

見学者も少なく、かなり朽ちた感じですが、

ほとんど手がついていない様で、当時を

しのばせる印象が強く残りました。

Siciliamalta_225 Siciliamalta_235 Siciliamalta_230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »