« ライタリアンブディックブーストについて | トップページ | レイキ交流会(2011年10月22日) レイキヒーリング 風と緑(東京スカイツリーそば) »

2011年10月 6日 (木)

ライタリアンレイキTM (Ⅰ&Ⅱについて)

ライタリアンレイキTMセミナーのご案内3(Ⅰ&Ⅱについて)

ここからがライタリアンレイキTMセミナー本題になります。

ライタリアン研究所では、波動(振動帯域)がⅠからⅥまでの6段階に

分かれているわけすが、最初のセミナーではⅠ&Ⅱを同時に受講し、

アチューンメントを受けていきます。

ⅠとⅡは同じ波動帯域にあり差が少ないので、同時受講するとの事です。

ライタリアンレイキTMの創始からアセンデュドマスターブッダとの

コネクション過程など、「ライタリアンレイキTMとは?」についての基本的な事項が

テキストに網羅されています。

そのため、テキストの分量は多くなっています。

と言っても恐れるようなページ数ではありません。

また、巻末には、用語集もあり、学習の手助けになるでしょう。

記述内容は他の書籍やセミナーでの内容とは異なる点もあるのかも

しれませんが、そこは大きな問題ではないのではないでしょうか。

逆にそのような知識や経験がある方は理解しやすい内容だとも思います。

私には、何度読んでも楽しい内容になっています。

ライタリアン研究所でも一括受講の割引制度を導入していますが、

”レイキヒーリング 風と緑”では、導入はしていません。

もし、ブディックブーストからⅥまでを受講される場合、最短でもお申込みから

4ヶ月半はかかります。

私と受講生様の調整をしながらだと半年かかることも多くあります。

その間にはいろいろな事柄も起こりうるので、あえて一括申し込みはせず、

一段階終了後に次をどうされるかを決めていただくようにしています。

時として、一括申込みの割引は、お得感を先行させることもあるので、

ご自身の自由意志を随時確認しながら、進めていかれるのが最善ではという

のが私の考えです。

ライタリアンレイキⅠ&Ⅱを受けたならば、ライタリアンレイキⅢへ進むこともできます。

Ⅲに進むのも定められた30日後すぐでも構わないでしょうし、直感から日にちを決める

のもひとつの選択でしょう。

Ⅰ&ⅡでいったんⅢ以降には進まないというのもすばらしい選択でしょう。

何が何でもⅥまで受けなければならないというものではないと思います。

Ⅱまででもすばらしい学びと感覚を得ることができるのではないでしょうか。

”レイキヒーリング 風と緑”では、対面かスカイプ対応の遠隔セミナーで

ライタリアンレイキをお伝えさせていただいております。

誘導瞑想という方法にてアチューンメントをするのが特徴でもあります。

通常の遠隔アチューンメントでも大丈夫なのですが、

あえて、当方では、リアルタイムの誘導瞑想でのアチューンメントを行っています。

ライタリアンレイキⅠ&Ⅱを受講された後は、ゆっくりとまた30日以上の間隔をとって、

エネルギーを馴染ませ、アセンデッドマスターブッダとのコネクションをご自身のペースで

深めていく期間だと認識しております。

この期間を大切にすることで、更なる深遠な宇宙観を得る事ができるかもしれませんね。

とても、素晴らしいレイキ・レイ・アチューンメントだといつも新鮮な感覚にさせてもらえます。

 ■  セミナーのご予約 ・ お問合せ はコチラから ■

レイキヒーリング 風と緑
<レイキに”永く・楽しく・楽に”触れ合うコツをマンツーマンで学びませんか>

|

« ライタリアンブディックブーストについて | トップページ | レイキ交流会(2011年10月22日) レイキヒーリング 風と緑(東京スカイツリーそば) »

レイキ用語」カテゴリの記事

エネルギーワーク」カテゴリの記事

スピリチュアル」カテゴリの記事

レイキ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライタリアンレイキTM (Ⅰ&Ⅱについて):

« ライタリアンブディックブーストについて | トップページ | レイキ交流会(2011年10月22日) レイキヒーリング 風と緑(東京スカイツリーそば) »