« ライタリアンレイキTM (Ⅳについて) | トップページ | レイキ交流会(2011.11.19) レイキヒーリング 風と緑(東京スカイツリーそば) »

2011年10月12日 (水)

ライタリアンレイキTM (Ⅴ&Ⅵについて)

ライタリアンレイキTMセミナーのご案内6(Ⅴ&Ⅵについて)

かなり私の個人的見解が含まれます。

ご承知おきのうえご参考程度にお読みいただければ幸いです。

いよいよライタリアンレイキの最終レベルとなります。

Ⅴは、8つあるとされるのレイキ・レイエネルギー波動帯域のうち第7番目に位置し、

Ⅵは醍8番目に位置します。

この波動(振動帯域)は、第9レベルの波動領域から発せられるとされています。

Ⅵレベルは人類が活用可能な最高波動のヒーリングエネルギーです。

ライタリアンレイキのⅢからⅥの間での段階では、”聖なる癒しの空間”を

構築して行くプロセスを進んでいます。

Ⅲで”ガイヤ”との繋がりによりこの空間の床にあたるヒーリングのプラットホーム

が、使えるようになっています。

Ⅳでは、神性のエネルギーとの繋がりによりこの空間の天井部分を形作ります。

そしてⅤ&Ⅵでは、アセンデッドマスターサナンダを迎え入れることになります。

サナンダはアセンデッドマスターブッダと共にこの空間の側面を構築します。

Ⅴ&Ⅵのアチューンメントにより”聖なる癒しの空間”はヒーリングにおいても

他者へのアチューンメントの際にも使えるようになるのです。

この段階で、アチューンメントとしてのプロセスは終了になります。

ただしここまで到達すれば終わりという意味ではありません。

むしろ、ここから自己や周辺に対してどういう意思や意図を持って臨んでいくのかが

大変重要になります。

アチューンメントプロセスやトレーニングはもちろん大切かつ崇高なものですが、

Ⅵまでの段階は言わばスタート地点なのかもしれません。

ライトワーカーとしていかにスピリチュアルな意識・存在の中でいかに進化を

目指すかはそれぞれ一見異なるとも言えますし、総体的には同一なのかもしれませんね。

このことはいろいろなセミナーや書籍でも知ることができますが、

ライタリアンレイキTMでは、アチューンメントを通して頭の中の知識ではなく、

実感として得ることが可能になることが最大の特徴であり、素晴らしさだと思って

います。

ライタリアンレイキはⅡからⅥまでどの段階まで進むかは自由意志により判断され、

それが尊重されています。

どの段階まで進もうとも受講された方は、よりスピリチュアルな存在として

高次元波動にアクセスしながら、活用と応用のもと、高めて行くことが可能になります。

素晴らしいとアチューンメントのたび、テキストを読み返すたび、チャネリングをするたび

この素晴らしさを変化とともに感じています。

 ■  セミナーのご予約 ・ お問合せ はコチラから ■

レイキヒーリング 風と緑
<レイキに”永く・楽しく・楽に”触れ合うコツをマンツーマンで学びませんか>

|

« ライタリアンレイキTM (Ⅳについて) | トップページ | レイキ交流会(2011.11.19) レイキヒーリング 風と緑(東京スカイツリーそば) »

レイキ用語」カテゴリの記事

エネルギーワーク」カテゴリの記事

スピリチュアル」カテゴリの記事

レイキ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライタリアンレイキTM (Ⅴ&Ⅵについて):

« ライタリアンレイキTM (Ⅳについて) | トップページ | レイキ交流会(2011.11.19) レイキヒーリング 風と緑(東京スカイツリーそば) »